MENU

不動産の査定方法の概要

不動産は今、どこだと高く売れて、いくらぐらいなのかって気になりますね?

 

その、査定額の相場を調べるのに便利なのが、無料の一括査定サービスです。

 

イエイ不動産査定

 

早速、イエイ不動産で、査定額を見てみる⇒⇒

 

(CM放送中のイエイは、最大6社までの査定額が無料で分かります。
ご利用者数は400万人超えの実績あるサービスです。)

 

 

まず、不動産の査定には、物件の種類や用途に応じた原価法、収益還元法、取引事例比較法などがあり、

 

その査定を実行する方法では、机上査定と訪問査定があります。

 

 

そして、土地や一戸建ての価格に使用するのが原価法で、収益物件のアパートなどの投資用では収益還元法が用いられます。

 

 

また、中古物件で、最もスタンダードな査定は、居住が前提の中古マンションや一戸建てで用いる取引事例比較法で、これは、周辺の取引相場や売り出し事例から算出する方法です。

 

 

一般的に、土地建物の査定方法は、土地の場合、周辺の売出しや成約事例を基に、土地の規模や形状、道路方位、容積率などの法令上の制限などの個別要因を加味してから査定金額を出します。

 

 

 

この時、戸建てでは、土地と建物の査定は別々で、

 

建物の査定は、

 

建物面積や構造、グレード、コンディションや経過年数、メンテナンス状況などを算出し、新築時の価格から、築年数による減価分を減額して算出します。

 

さらに、交通の便や、駅からの距離、スーパー、病院、学校、公園などの施設の有無や距離、路線価、公示価格なども勘案します。

 

 

 

また、マンションでは、

 

同マンションの取引事例を参考にしますが、

 

取引事例がない場合は、

 

近隣マンションの取引を参照し、所在階や方位、眺望や室内のコンディション、日当たり、グレードや管理状況、駅までの距離などの交通の利便性や、周辺施設の充実度、環境などの要素を考慮します。

 

 

さらに、実勢価格、公示価格、路線価格などの様々な価格指標を勘案し、総合的に比較検討し、算出します。

 

 

 

なお、投資用や賃貸中のマンションでは、収益還元法の査定とともに、利回り重視で査定額が算出されますし、不動産の買取り会社の査定では、買取りされた後、リフォームして売り出すために、実際にかかるリフォームの費用が査定価格に反映する場合があります。

どういったマンションが高額査定になるのか?

マンション査定で高額査定してもらうには、いくつか条件があります。

 

まずは、建物の築年数です。

 

当然、竣工してからの年数が少ないほうが、高く査定してもらえます。

 

新築とか、あるいは未使用物件であれば良い査定が期待できます。

 

次にそのマンションが建っている場所、および地域です。

 

場所は例えば眺望が良いとか、公園が近い、学校が近い、駅、バス停が近い、スーパー、コンビニが近い、病院が近いなどいくつかの要素があります。

 

 

地域については、その地域の駅から都心へのアクセスが良いとか、駅前が再開発されたとか、大きな商業施設ができたなど、その地域自体に活気があり、他の地域からの人口流入が期待できれば、かなり査定のポイントは高くなります。

 

 

新しく駅ができた、あるいは新しい鉄道の路線ができたなどは、とても重要なことです。

 

 

意外な所では、人気ドラマの撮影地になったとか、雑誌などで取り上げられたなどということも、おおいに加味される要件です。

 

 

室内もきれいに使っていれば、高く査定してもらえます。

 

 

壁やフローリングに傷があったり、キッチンや風呂場などが劣化していれば査定は低くなります。

 

 

査定する側もこれらの改装するところは、いくらかかるか計算して査定しますので、改装費用がかからなければ、かからないほど高く査定してもらえます。

 

 

また、間取りについても、査定には重要なポイントとなります。

 

 

長方形の形ですと比較的使い勝手がよく、万人受けが良く、高く査定してもらえます。

 

 

あまり、形が悪いと、築年数が新しくても、結局はなかなか売れないわけですから査定額は下がります。

 

どのような形が悪いかというと、例えば形が台形とか、L型、開口部が少ないなどが、不人気な間取りとなっております。

不動産を査定してもらう為に一括査定を利用してみよう。

不動産の取引は金額が大きくて、多くの人にとっては人生で数少ない経験です。

 

 

中でも、購入するときは金額も決まっているし、完成済みなら実物を見ることもできますが、売却の時は自分で値段を決めて、その値段で買い手が現れるまで待つのが、購入の時とは違った苦労です。

 

 

値段を決めるにあたっては周辺の取引事例などを基にして決めますが、インターネットで複数の不動産会社から一括の査定サービスを利用することも便利です。

 

 

イエイ不動産査定

 

イエイは不動産の一括査定無料サービスです。全国に対応しており、全1000社の不動産会社と提携しています。
ご利用者数は400万人を超え、最短60秒で査定が完了します。

 

もちろん、相場を調べるだけのご利用でも大丈夫です。

 

 

スマイスター

 

不動産の相場も分かるのがスマイスターの利点です。また、提携不動産がもっとも多く800社以上のため、最高額を出してくれる企業が見つかる確率はグンと上がります。

 

 

イエウール

 

全国900社以上の中から最大6社まで査定が可能。最高額が分かり、他社間では500万も差が出る事も。完全無料でご利用できます。

 

 

 

 

 

査定結果は、過去の取引事例を半年前までにするか1年にするか、近隣地域を半径1キロにするか3キロにするかなど、データの取り方によって結果が変わるため、3社に依頼すれば三つ、5社に依頼すれば5つ、すべて異なる結果が予想されます。

 

 

 

査定サービス自体は無料で行っている不動産会社が多く、実際に売却を依頼して、成約して初めて仲介料を支払います。

 

 

査定にあたって、住所と面積だけで評価するよりも、築年数や構造、外観など、データが多くなるほど市場の実態にあった結果が出てスムーズな取引につながるため、査定はきちんと時間をかけるのがおすすめです。

 

 

現地を見てもらうことで、自分の土地特有のセールスポイントを見つけてもらうことができることもあるので、机上ではなく現地の査定がおすすめですが、自宅への訪問を避けたい場合は図面情報などでも可能です。

 

 

また、査定に先立って、買ったときの契約書や登記簿謄本なども準備しておくとスムーズに進みます。

 

このほか、新築で購入した時は、販売会社のチラシなどを捨てないで持っていると、売主自身がこのマンションや周辺地域の魅力を紹介してきれいな印刷物にしているので、売却のツールとして有効利用しましょう。

 

運営者情報